CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
OFFICIAL SITE


▼ 秋葉令奈(れなち) 公式Twitter


▼ 秋葉令奈(れなち) 最新出演情報
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
秋葉令奈へのお問い合わせはこちら(akiba@rena-akiba.com)へ。

秋葉令奈公式ブログ///れなちぶろぐ ´∀`

映像作家・歌手れなち(クリエイティブアイドル)の公式ブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

釧路おさかなの歌『大漁!くしろっぎょ!』完成!

今年もFMくしろ春採夏祭りに出演させて頂きました!

 

ナント!今年は、

春採夏祭りのための新曲が出来ました!

くしろのお魚をテーマにした曲です!

 

『大漁!くしろっぎょ!』/ 秋葉令奈(れなち)


「ゆるゆる歌謡曲」市民パーソナリティ みきりんと、
釧路出身クリエイティブアイドル秋葉令奈(れなち)が
初のコラボレーション企画をしました!

 

8/12に行われた実際のライブの模様はこちらです。

FMくしろパーソナリティの、

さとう晴美さん&桶谷武志さんも踊ってくださりました!

 

 

この曲は、みきりんが作曲、秋葉令奈が作詞を担当。

今回初めてマスタリングまで経験させてもらって、

素人仕上げで本当に申し訳ないのですが、

とても良い経験をさせて頂き勉強になりました。

 

みきりんからオケ楽曲を頂き、

歌詞を付け、レコーディング、マスタリング、

振付を考え、動画を撮影&編集までをさせていただきました。

全ての工程を映像編集ソフトで出来てしまう

ということも初めて知りましたw

 

みきりんとはメールや音声データでのやりとりで

釧路と大阪の距離を感じさせないくらい近い距離で

作品をつくることができました!

 

歌詞は、釧路の魚について調べたこと、

不漁や小ぶりの問題なども盛り込み、

釧路での生活の中で体験したことをかたちにしました。

 

先日、大阪市内の専門学校で

最新の「観光業」について学びました。

たびすけ 西谷雷佐(らいすけ)さんの講演でした。

 

「その地域の暮らしぶりを体験すること」=異文化体験

それが感動を生み、地域を知ってもらうきっかけになる。

 

そこで学んだ

「地域課題」も1つの観光コンテンツ

というのがヒントになりました。

 

西谷さんは青森を舞台に様々な観光ツアーを提供し続けている方で

そのユーモアあふれるツアーはホントに圧巻です。

例えば、青森のりんご収穫する際に使用する車

軽トラの上の部分を農家のみなさん自身で切断してて

それを「バゲ」と呼んでいてバゲに乗り農作業を体験するツアーや、

雪国には煩わしい「雪かき」を体験するだけじゃなく

誰が早くきれいに雪かきが出来るかを競い合う雪かき検定ツアーなど、

どれも体験する皆さんは笑顔で楽しそうでした。

高齢化で雪かきをするのが辛いという街の課題を

海外あるいは国内からの旅行者との連携により

解決するきっかけになるんじゃないかと語っておられました。

 

その地域の存在を知り、歴史を知り、好きになり、

最終的には移住する。雇用が生まれ地域経済がまわる。

そんなきっかけになるということを知りました。

スイスのツェルマットでは観光で最低でも1週間滞在があたりまえ。

ヨーロッパの有給休暇は長期取得があたりまえという、

そもそも日本とは旅の考えが違っていて

外からみた日本はまだまだ遅れているんだなと実感しました。

 

その講演で最後に紹介されていた動画がありました。

「裸の男 〜モメンタムとムーブメント(社会現象) 」

https://youtu.be/4OUM4-ReInE

 

この動画を見て私も最初はひとりで活動を始めたことを思い出しました。

理解されなくて煙たがられて孤独だったこと。

今では多くの方に支えて頂き、本当に日々、感謝しています。

これからもムーブメントはどんどん起こしていかなくちゃ!

そしてこれからムーブメントを起こそうとしている人を

わたしも応援しています!

 

「大漁!くしろっぎょ!」この作品は、

釧路に住むみきりんと、FMくしろさん、そして出身者の秋葉令奈、

この3者が力を合わせて実現できた作品です。

今、わたしは観光カリスマの山田桂一郎氏の本を読んでいるのですが、

地域住民が主体となり連携することにより、

観光まちづくりが実現するというヒントを得て、

自分に出来ることからまずは進めていきたいと思っています。

 

 

スポンサーサイト
<< 釧路にて講演会の講師を務めました! | main | 「松浦武四郎記念館」に行ってきました! >>